忍者ブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Web音撃打
Web音撃打
プロフィール
HN:
道化氏
年齢:
1941
HP:
性別:
男性
誕生日:
0079/01/03
職業:
人間(リストラ直前)
趣味:
ガンダムと仮面ライダー
自己紹介:
けっこう鍛えてますから。
今月のCD紹介
最新コメント
(09/06)
(08/12)
(07/28)
(06/13)
(06/06)
ブログ内検索
CM
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
カラスが鳴いても帰らない日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



というわけで、トランスフォーマーを観てきました。
オプティマスプライム(コンボイ)の吹き替えを、初代コンボイである玄田哲章さんが担当されるということで、悩みつつも吹き替えの方へ。
もう、

大 正 解 !!

かなりのスピード感があるので、むしろ字幕では楽しみきれないかとすら思った。
映像美に関しては文句のつけようもない。
さすが、監督はスケジュール的に無理だったとはいえ、スピルバーグが望んで関わりたかった作品だけある。
トランスフォームの瞬間がたまらなく滑らか。
しかもビークルモードでの見せ場も多く、そこだけを切り取っても、一端のカーアクション映画として成り立つほど。
ストーリーもかなり良い。
思ったよりもアメリカアメリカしておらず、むしろ日本の王道アニメに近い展開。
ランブル(サイバトロン)が政府組織に捕らえられようとしている時に、
人間を傷つけまいと彼は強行的な抵抗は見せず、オプティマスもまた、
同じ理由からランブルを敢えて救出しなかった。
ここで、音声機能が修理できておらず、話すことのできないランブルの設定が生きてくる。
唯一、人間側の主人公が抵抗するも、なす術もなく凍結されるシーンは泣きかけた。
その後、すったもんだでサイバトロンに頼らざるを得なくなった人類。
積極的に彼らに協力しようとする人達とオートボットの交流もまた熱い。

と、まあ、語ればキリがないほど面白かった。
正直、つまらなかったら映画代払ってやると言いたくなるほどだ。
でも今月厳しいので、映画代の請求はリアルに勘弁してほしい。

まあ、そんなこんなで今日もワタクシ、大満足です。
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
無題
観たんだ。いいなー。
よし、私も見に行くから映画代ちょーだい。
やぎめー 2007/08/06(Mon) 00:34 *edit
レス
だから!請求は!勘弁しると!言っているっ!!!
道化氏 2007/08/06(Mon) 02:21 *edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ stray crow Journey ] All Rights Reserved.
http://metalwing.blog.shinobi.jp/