忍者ブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Web音撃打
Web音撃打
プロフィール
HN:
道化氏
年齢:
1941
HP:
性別:
男性
誕生日:
0079/01/03
職業:
人間(リストラ直前)
趣味:
ガンダムと仮面ライダー
自己紹介:
けっこう鍛えてますから。
今月のCD紹介
最新コメント
(09/06)
(08/12)
(07/28)
(06/13)
(06/06)
ブログ内検索
CM
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
カラスが鳴いても帰らない日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨日の「信長の棺」、これは秀吉がかなり狡猾で嫌な奴として描かれた。
これは結構珍しいかな、とも思う。
で、明智光秀はかなり小心者のピエロだった。

んで、もうじき「太閤記」が始まる。
これは主役だけあって、がむしゃらに真っ直ぐ夢を追う秀吉が描かれそうだ。
いやCMを見るかぎりだけど。
そのCMには明智光秀は当然出てないけど、やっぱりズルい奴として描かれるんだろうな、と思う。

同じ時期にこれだけ真逆に演出すんのも面白いなあーとか。

で、ガラっと話を変えるけど。
あの三人の解釈で、明智光秀が良い奴なのって無いなあ・・・と考えてたらあった。
それはかの傑作、「劇場版GS美神・極楽大作戦」!

織田信長の正体はかのヴァンパイア「ノスフェラトゥ」で、それに気付いた明智光秀が退治した、っつー始まり方。
今思うと、めちゃめちゃ斬新だよなぁ、なんて思う。
しかも信長がノスフェラトゥであったなら、本能寺で死体が発見されなかったのも説明が付くのだ。
凄い!凄いぜ美神さん!歴史的に問題ないよ!(大有りです


そんな事を考えさせる、立冬の雷でした。
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ stray crow Journey ] All Rights Reserved.
http://metalwing.blog.shinobi.jp/